HOME   >WGの紹介


現在、国土防災リモートセンシング研究会では、下記の2つのWGを立ち上げ、研究活動を進めています。研究会員は、各自の興味に応じてWGに所属し、具体的な研究活動を進めています。もちろん、双方に所属している会員もいます。


災害時活用版ガイドライン作成 WG リーダー:坂本淳一(中央開発会部式会社)
防災に関する各種調査での衛星画像実用化に向けての検討


災害時における衛星データの活用ガイドラインを作成することを目的としてWGを設置しました。本研究会では過去に、実務利用検討WGを設けて、『国土管理分野における衛星データ活用ガイドライン』を作成しています。このガイドラインは、国土管理に関わる業務の具体的対象として河川分野を取り上げ、その中で衛星データの利活用場面と具体的方法をとりまとめました。今回新たに設置したWGでは、視点を国土管理から災害時利用に変えながらも、衛星データの位置付けや実務者(データ利用者)を対象とした構成などは踏襲しながら、『災害時活用版ガイドライン』を作成することとし,活動を進めています.

■災害時SNS利用 WG  リーダー:笠 博義(安藤ハザマ)
災害時のSNS利用実態把握に関する研究

災害時SNS利用WGでは,巨大災害時の救助・救援から初期の復旧段階における空間情報と情報プラットフォームの利用に関して,「本当に必要としている人へ必要な情報を確実に届ける」ための情報流通のあり方とそのための工夫を検討し,特に災害時のSNSと空間情報の活用可能性を検討して、学会を通じて社会に発信していくことを目的として活動を進めています.被災地からの情報伝達の観点からの距離に応じて「被災地→周辺部→影響部→外部」の4つの影響域を設定し,現在,アンケート調査による「行動把握,利用した情報,情報の必要性」等について調査・整理を進めています.


 HOME   Copyright (C) 2007 Scientific Research Group for National Land Environment and Disaster Prevention.