一般社団法人 日本リモートセンシング学会

国土防災リモートセンシング研究会

Scientific Research Group for National Land Environment and Disaster Prevention

本研究会では、主に国土マネジメント・国土防災の観点から、リモートセンシングの利活用方法について、高分解能衛星や合成開口レーダなどの最新技術の動向も視野に入れ、幅広い研究会活動を進めています。

活動を終了したWG

 現在、国土防災リモートセンシング研究会では、下記の2つのWGを立ち上げ、研究活動を進めています。研究会員は、各自の興味に応じてWGに所属し、具体的な研究活動を進めています。もちろん、双方に所属している会員もいます。



■In-SAR WG

国土(管理・防災等)に関する各種調査でのSARの実用化に向けての検討
 これまで実施してきたInSARのアルゴリズムや処理内容の調査結果をベースに、衛星搭載SARから航空機搭載SARまで、広くSARデータの国土管理・国土防災分野における利用可能性とその効果、技術的な限界などを明確にすることをめざす。特に、InSAR処理を行う上でのノウハウの洗い出しや同一エリアにおける異なるSARプロセッサーによるクロスチェックを行い、これからSARデータの利用を始めるユーザにとって指標となる情報をまとめる。
リーダー:三尾有年(CCS)



■実務利用検討 WG

衛星データおよび他の空間データの複合的な利用に関する研究
 複数のセンサで取得される衛星データ、異なる時期に取得された複数の衛星データを用いた画像解析の研究事例が増え始めている。それらの研究事例についてレビューするとともに、国の機関や地方自治体が整備している地形・地理データを組み合わせた衛星データの解析方法について検討し、国土の管理に必要な品質(精度・鮮度等)を満足する情報を取得・更新する手法の確立をめざす。
リーダー:熊谷樹一郎(摂南大学)

ページのトップへ戻る